ブルーレイ・DVD、電子出版、アプリ・Web開発ならPICO HOUSE

MENU

電子自費出版

小説、エッセイ、句集・歌集、写真集、漫画、絵本、学術資料から
自分史、エンディングノートまで・・・
あなたの温めてきた作品を電子書籍化し、国内外で公開しませんか?
電子書籍には、紙の本では実現出来なかった表現方法・流通方法がございます。

電子自費出版サンプル

電子書籍にする利点は、「紙の本を作るよりも安い」ということだけではございません。文章だけでは無く、映像、写真、音声など様々な要素を盛り込むことが可能です。
また一度作成すれば、国内外問わず、世界中の様々な方にご覧頂くことが出来ます。

電子出版物の制作について

弊社は新潮社の映像・音楽部門制作会社として、1987年に設立されました。編集室、MA室、TVスタジオを完備した社屋にて、現在に至るまで多くの映像編集サービス、及びDVD・BDタイトルのオーサリングサービスを手掛けてきました。

そして2012年には、電子出版コンテンツ制作ソリューション「X PUBLO(クロスパブロ)」を独自に開発し、法人向けの電子出版物の制作サービスを新たに開始しました。紙の書籍と電子書籍の両立、そして更なる市場拡大を目指し、2015年からは個人のお客様向けに電子自費出版サービスも行っております。長年の経験・ノウハウを活かし、お客様の夢の実現を私どもがお手伝いいたします。

弊社サービスの特長

  1. お客様の作品をスマートフォン・タブレット端末で読めるよう、電子化することが出来ます。
  2. テキスト(文字情報)以外に、静止画、動画、音楽などを内包することが出来ます。
  3. 電子書籍に地図(Google Map)を埋め込み、GPSを連携させることも可能です。
  4. お客様の作品を国内のみならず、海外でも公開し、販売することが出来ます。
  5. 海外販売向けに、他言語への翻訳サービスも行っております。
  6. 紙の書籍と異なり、在庫リスク・返本リスクがございません。
  7. 長年培ってきたノウハウを活かし、お客様の作品に適したプランをご提案します。
  8. 紙の本も検討される場合は、新潮社を紹介させて頂きます。

弊社が独自に開発したX PUBLO(クロスパブロ)の御紹介

X PUBLOは、書籍としてのページ閲覧機能に動画、静止画、音声など様々なコンテンツを内包し、iOS/Android搭載のスマートフォンやタブレット端末に最適化した、ビジュアルコンテンツアプリの制作環境です。高品質な電子書籍制作が可能です。

もっと詳しく知りたい方はこちら

電子書籍 公開・販売までの流れ

お問い合わせ
まずはお気軽にご相談ください。
お客様のご要望に沿った、最適な電子書籍作りをご提案します。
お見積もり
お打ち合わせの上、電子書籍の内容・構成を確定させていただきます。
その後、弊社よりお見積もりを差し上げます。
ご契約
金額についてご了承頂けましたら、契約書を交わさせていただきます。
契約書にサイン・捺印をして頂いた段階で、正式契約が完了します。
入稿
お客様の原稿をお預かりさせていただきます。
校正・校閲が必要な場合は、別途ご相談ください。
チェック
編集済みの原稿をご確認いただきます。修正・追加などのご要望にも対応可能ですが、その内容によっては追加費が発生する場合がございます。
完成
いよいよお客様の電子書籍が完成です。
電子書籍の公開範囲・販売価格などを確定させていただきます。
公開・販売
アップル社・グーグル社の認可取得後、電子書籍の公開・販売を開始します。売上報告・印税のお支払いは、一年毎に実施させていただきます。

電子書籍 制作実績例

XPUBLO制作コンテンツ 戦場からの絵手紙 父は悲しも

この書籍は、過去に自費出版された書籍を電子版としてまとめ、発行されたものです。

-内容-

戦場から一兵士が絵手紙に託して伝えたかった想い。
それを今、21世紀を生きるあなたに伝えたい。

結婚半年後に軍に招集、3年ほどの後にビルマで病死した父からの300通以上の手紙や絵をまとめた一冊。

  • Get it on iBooks
  • ANDROID APP ON Google play
  • amazon

「近代日本・台湾史図書館」アプリ内コンテンツ ビジュアルコンテンツ「台湾・霧社事件への招待」for iPhone・iPad

この書籍は、春山明哲氏が長年取り組んできた台湾・霧社事件研究の史料、資料、写真、動画類を整理し、電子版として一つにまとめ、早稲田大学の講義にて使用されました。

-内容-

1930年10月27日、日本統治下の植民地台湾の霧社で、セデック族マヘボ社の頭目モーナ・ルダオを中心に台湾原住民の男たちが日本人を襲撃し、女・子供を含む約140人を殺害した。「霧社事件」呼ばれるこの凄惨な事件は、なぜ起きてしまったのか。日本の軍隊と警察はどう対応したのか。そして、この事件はその後の日台関係に何をもたらしたのか。膨大な歴史資料から見えてくる真実とは。

※本コンテンツはiOSアプリ「近代日本・台湾史図書館」内で購入することが出来ます。

もっと詳しく知りたい方はこちら

App Storeからダウンロード

よくあるご質問 Q&A

原稿データは、どのような形式で入稿すれば良いのでしょうか?
文章はWordやテキスト、静止画(写真)はPDF、音声(音楽)はWAV形式でご入稿ください。 動画に関しては、MOV形式が一般的です。その他の形式になる場合は一度ご相談ください。
原稿データは、メールに添付して送れば良いのでしょうか?
基本的には、CD-RやDVD-Rによる記録メディアでのご入稿をお願いしております。
原稿が完成していなくても、相談に乗ってもらえますか?
はい、大丈夫です。どのような作品にしたいのか、動画・静止画など盛り込みたいのか、ご相談ください。
電子書籍の制作費は、どれくらいかかりますか?
構成内容やボリュームによって、料金が変わってきます。お気軽にお問い合わせください。
完成した電子書籍(アプリ)は、どこで公開できるのですか?
スマートフォンやタブレット端末のApp Store/Google playからダウンロードすることが出来ます。
電子書籍の価格は自由に設定出来るのですか?無料も可能でしょうか?
はい、価格帯は自由に選択出来ます。無料での公開も可能です。
電子書籍の売上は、すべて著者に入ってくるのでしょうか?
まず、アップル社およびグーグル社への販売手数料が売上の30%分発生します。 App Store/Google playへの申請・管理を著者様自身で行う場合には、残り70%が著者様の印税となります。ただし、弊社で申請代行、管理する場合は別途ご相談ください。
国内だけではなく、海外にも電子書籍を公開・販売は出来ますか?
はい、出来ます。公開したい国を指定することも可能です。
電子書籍公開後に、内容を変更したり、公開を取り止めることは出来ますか?
可能です。内容の変更に関しましては、その変更作業量に応じて別途追加費が発生します。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-3266-8855 営業時間 10:00〜18:00(土日祝休)

PAGETOP
Copyright © 株式会社ピコハウス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.