ブルーレイ・DVD、電子出版、アプリ・Web開発ならPICO HOUSE

MENU

ブルーレイ-基礎知識

ブルーレイ-基礎知識

構造

Blu-rayの読み取り用のレーザーは、405nmの青紫色レーザーであり、0.1mmの深さに記録層がある。 また、対物レンズとディスク表面までの距離は、0.3mmである上、 カバー層も0.1mmと薄く、車載等の用途への仕様を満たすために振動によるレンズとディスクの衝突回避をすべく、 接近検知時間がDVDの3分の1以下のより高精度な接近検知システムを搭載することとなった。 (接近検知時間BD:0.8ms、DVD:3ms)

容量

Blu-ray : 片面一層25GB、二層50GB

フォーマットの種類

  • BD-ROM(Blu-ray Disc Read Only Memory) : 読み取り専用のBlu-ray規格。
  • BD-R(Blu-ray Disc Recordable) : 1回だけ書き込み可能な記録型Blu-ray規格。
  • BD-RE(Blu-ray Disc Rewritable) : 繰り返して書き込みおよび消去が可能な記録型Blu-ray規格。

インタラクティブ機能

Blu-rayは、高度なメニューやネットワーク機能などを実現する技術として、 Blu-ray Java(略称:BD-J)が採用されている。 Blu-ray JavaはJavaを基礎技術としている。 BD-Jは、2007年11月以後に発売されるプレーヤーへの搭載が義務づけられ、また、 ネットワーク機能としては、「BD-Live」(Blu-ray Disc Live)と呼ばれるプロファイルが標準化されている。

著作権保護

Blu-rayには、AACSと呼ばれるコピープロテクト機能が採用されている。 また、AACS(Advanced Access Content System)以外にも、ROM Mark 、BD+が採用されている。

ROM Markは、BD-ROMの原盤の偽造を困難にする技術であり、映画や音楽、ゲームなどBD-ROMメディアに収録される コンテンツに検出できない一意の識別子を埋め込むことでライセンスを受けたBD-ROMメーカーに提供される機器でしか扱えない。  スタンパーを入手しただけではこの識別子は書込めないため、ディスク原盤の非正規製品の作製は極めて困難とされている。

BD+は、BDプレーヤーのコンテンツ保護プログラムが破られた際にも、新たなコンテンツ保護プログラムを BDプレーヤーに導入できる機能であり、破られたコンテンツ保護プログラムをコンテンツ企業が後から 動的に更新できるため、非正規に複製されたディスクの視聴は、実質的に不可能になると考えられている。 また、BD+はキーが改変されたプレーヤーのみに影響し、AACSが無効化されたことを検知して、再生を停止することが出来る。  2007年6月28日(現地時間)の発表によると、Blu-ray Discの著作権保護規格「BD+」のライセンス業務を担当する 「BD+ Technologies」は、Blu-ray Discプレーヤーメーカーやコンテンツホルダ向けにBD+のライセンスを開始したとのこと。 BD+は、プレーヤー内の仮想マシンを利用した著作権保護システム。発売済みのBDプレーヤーでもBD+の仕組みを実装しているが、 ライセンスの開始により、それらもアップデートされる。

リージョンコード

BDでは、以下の3つの地域に分けたリージョンコードを採用している。

  • A:南北アメリカ・中国とインドを除く東アジア(日本・韓国、台湾、タイ、シンガポールなど)
  • B:ヨーロッパ・中近東・アフリカ緒国
  • C:中国・ロシア・インド、それ以外の地域

ブルーレイ

パラメーター BD-ROM
保存容量 (単層ディスク) 25GB
保存容量 (2層ディスク) 50GB
レーザー波長 405nm
開口数(NA) 0.85
保護膜厚み 0.1mm
データ転送レート(1x) 36.0Mbps
データ転送レート(動画) 54.0Mbps(1.5x)
ビデオ圧縮 MPEG-2/MPEG-4 AVC/VC-1

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-3266-8855 営業時間 10:00〜18:00(土日祝休)

PAGETOP
Copyright © 株式会社ピコハウス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.